星占い事典|水瓶座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

水瓶座の神話

水瓶座の神話

水瓶座はギリシア神話にでてくるトロイアの王子が持つ瓶だとされています。

 

王子はガニメデウスといって、金色に輝くばかりの比類なき美少年。

 

ガニメデウスは人間ですが、彼の美貌は神々の国でも評判になっていました。

 

ある日、ガニメデウスが牧童として丘の上にいると、一羽のとても大きくワシが舞いおりてきて、彼をつかまえると神の国オリンポスへとさらっていってしまったのです。

 

このワシは、じつは男女関係なく美人/美少年が大好きなゼウスが姿をかえたもの。

 

神の中の神であるゼウスは欲しいものはなんでも手に入れるクセがあるのです。




王に愛された美少年

トロイアの国王であるトロスは、自分の愛する息子が巨大ワシに連れ去られたことを知り、嘆き悲しみ、涙にくれる日々が続きました。

 

神の国オリンポスに連れて行かれたガニメデウスはというと、永遠に終ることのなく続くオリンポス宮殿の毎夜の宴で給仕役としてゼウスに仕えることになりました。

 

ゼウスが世界で最も美しい少年を傍にはべらせたかったわけです。

 

人間のなかでも最も美しい少年とたたえられたガニメデウスは、ゼウスによって永遠の若さとさらなる美をあたえられて輝くばかりの美しさだったといわれます。

 

のちに、父であるトロス王は、ガニメデウスがオリンポスの宮殿でゼウスに仕えて元気でいることを知らされてほっと胸をなでおろしたのでした。

 

水瓶座の瓶(かめ)はガニメデウスが手にもっているもので、神の宴で使われる酒器です。

 

この水瓶の中には、無限の英知をたたえる神の水がいっぱいに入っており、流れる水はこの世を浄化していく聖水ともいわれます。

また別の説では、酒器の中身はネクタルという不老不死の神酒ともいわれます。




永遠の若さ

水瓶座は男性宮だということは「水瓶座の分類」のページでお話しましたが、水瓶座に関してあえていうならば、男性の中でも若者といえます。

 

美少年ガニメデウスを神話としてもつ水瓶座は、男女かかわらず中性的なタイプが多いといわれます。

 

また水瓶座は、さらりとしたクールな美男美女が多いことでも知られています。

 

少年のような気質やムードをずっと持ち続けるのが水瓶座です。

 

知識の水をたたえた瓶(かめ)をもつ美少年というのは水瓶座の特徴をよくあらわしているといえます。

 

なお、水瓶座はじっさいの天体としては、秋の星座になります。

 

空では、水瓶を右手にもち、その左側に美少年ガニメデウスの体があり、その左下に知識の水が流れでています。

 

水の流れの先にあるのが一等星のフォーマルハウトで「みなみのうお座」へとつづいています。




PAGETOP
Copyright © 水瓶座事典 ~ Aquarius ~ All Rights Reserved.