星占い事典|水瓶座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

水瓶座の理想の結婚

もちろん家事は平等に

意外にも、水瓶座は愛する人には尽くしたいという秘めた心をもっているので、最初はかいがいしく世話をしたり、家事をがんばってみたりするかもしれません。

 

でも残念ながらそれは長くは続かないかも。そして、やっぱり行き着くところは対等な夫婦関係。

 

家事分担をしっかり決めるのもいいけれど、理想としては、夫婦それぞれが自発的に、自然な流れでこなしていくこと。

 

できることなら料理上手な旦那さんで、おいしいご飯を作ってくれたらいいなぁ・・・なんてちゃっかり思っていたりします。

 

家事が「義務」ではなくて、流れるような生活リズムの一部となり、夫婦で協力していけるのが理想です。

夫婦どちらも仕事人

二人とも自分の仕事を持っていて、それぞれが充実した時間をすごし、お互いを尊重しあっているような対等な夫婦関係。

 

そして、ひとりの人間として成長をつづけながら、互いの価値を認めあえるような関係こそが水瓶座の理想といえるでしょう。

 

水瓶座は、たとえ結婚したとしても、なんらかの形で自分に変化をもたらせ続けたいのです。

 

もし仕事をしていないとしても、興味のある趣味や勉強をつづけて、好奇心を満たしつつ自己成長につながるようなことをしたいと思うことでしょう。

 

時には、仕事に疲れてしまって専業主婦にあこがれることもあるかもしれませんが、水瓶座は何らかの形で社会とつながっていたほうが運気アップにつながります。




休日にはワクワク体験

いつもの休日は家でのんびり。夫婦は一緒にいるのだけど、絶妙なキョリ感を保ちながらそれぞれの時間をすごす、というのが水瓶座にとってはリラックスできる状態。

 

オタク気質ももちあわせている水瓶座は、家でゴロゴロするのも結構嫌いではありません(むしろ好き)。

 

そして家にいるのもあきてきたら、ふらりとおでかけ。

 

めずらしい外国料理店に入ってみたり、ふと気になった舞台を観てみたり、特典いっぱいの工場見学に行ってみたり、計画をたてすぎず、好奇心を満たせるような休日を、夫婦ですごせたら幸せです。
 

心からの信頼

パートナーが自分の個性を理解してくれて、その上で、適度な距離感をたもちつつ見守ってくれる、という関係を水瓶座は望んでいます。

 

夫婦といえども「いつも一緒で一心同体!」という濃密な関係は、水瓶座には息苦しく感じてしまいます。

 

どんなときでもパートナーが味方でいてくれるという安心感と、お互いの存在を感じるだけでホッとできるような関係。

 

そうなれたなら、水瓶座は感謝の気持ちでいっぱいになって、自分も心からの信頼で応えようとするでしょう。




PAGETOP
Copyright © 水瓶座事典 ~ Aquarius ~ All Rights Reserved.