星占い事典|水瓶座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

水瓶座の恋のライバルへの態度

無関心を装う

たとえどんなに気になっていても、彼女ではなく自分を選んでほしいと思っていたとしても、それを決して表面に出さないのが水瓶座。

 

かといって陰険に影で悪口をいったり、裏工作をしたりすることはあまりありません。

 

水瓶座はずるいことがとても嫌いなのです。

 

恋愛は、戦ったからといってライバルに勝てるものではないということを知っているのでしょう。

 

ですが、裏工作などはしないものの、見えないところでリサーチはしっかりしてます。

 

さりげなくライバルの情報を集めまくって、好きな人がその人を選ぶのか、自分を選ぶのかを推測するのです。

 

「もし自分を選んでくれないなくても、それはそれでしょうがない」と泣きたくなるほど悲しい気持ちを抑えながら思っていたりします。

 

水瓶座は本当に恋に不器用なのです。




愛より友情をとることも

たとえば、好きな人のことを親友も気に入っているとわかったら、水瓶座の多くは、身を引くことを選ぶかもしれません。

 

水瓶座にとって恋愛と友情を秤にかけるのはとても苦しいことです。

 

友人を蹴落としてまで好きな人と結ばれたいと、心の奥で思わないはずはないのですが、実際にそうすることはあまりないでしょう。

 

もしそうしたなら、後でかならず後悔するはず。

 

水瓶座の場合は、友達と競い合ってゲットした恋人とはいずれ別れてしまう可能性が大きいといえます。




恨むより心の整理

世の中には執念深く、人を憎んだり恨んだりするタイプの人たちがいます。

 

ですが、ほとんどの水瓶座にそれはあてはまりません。

 

それは恋人を奪われてしまったときでもいえること。

 

なぜなら、柔軟に気持ちを切り替えることができ、未来志向の水瓶座は、相手を憎むよりも自分が変わろうと努力するからです。

 

もちろん最初のころは憎らしいという感情をもつでしょうが、長い時間の中で、心の整理をつけるほうを選ぶことになるでしょう。

 

相手を憎むのではなく「縁がなかっただけ」「これで成長することができた」「もっとふさわしい人にきっと出会える」など前向きにポジティブに意識を向ける力をもっています。

 

なにより、次に好きな人ができると、過去のことはすっきりさっぱり忘れてしまうのが水瓶座。

 

恋愛も未来志向なのです。




PAGETOP
Copyright © 水瓶座事典 ~ Aquarius ~ All Rights Reserved.