星占い事典|水瓶座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

水瓶座が耐えられない状況

水瓶座が耐えられない状況

自分のペースで仕事をこなせず、他の人たちと一緒に作業を進めなければならないようなときに、水瓶座はうまく歩調をあわせられずストレスを感じてしまうかもしれません。

 

他者と一緒にやること自体は良いのですが、その中にいいかげんな人やサボる人がいたり、感情的なタイプの人がいるとついイライラしてしまいます。

 

またあきらかに能力の低い上司からの指示などにも反抗したくなるでしょう。

 

さらに、ワンマンな経営者のつくった意味のない社則や、合理性のまったく感じられない仕事内容などにも耐えそうにありません。

 

ナンセンスすぎる企業の慣習がばからしく感じられてしょうがないのです。




また毎日同じ職場に通勤し、決まりきったことを来る日も来る日も繰り返さなければならないような状況もかなりのストレスとなるでしょう。

 

自由のかけらもないその状況を客観的にとらえ、自分はなぜこんなところで働いているのか?と冷めた気持になるのです。

 

それなりに工夫ができる状況であればまだよいのですが、口うるさい上司からあれこれ指示されようものなら、心の中でなにかがプツンと切れてしまうかもしれません。

 

会社に勤めるということは自由がきかない部分が多いわけで、そこはどうにか我慢できたとしても、頭ごなしに上から命令されることだけは受け入れられそうにありません。

 

水瓶座にとってそれは自分の存在を全否定されたも同然だからです。

 

独創性を生かせない体制で働くのは、水瓶座にとっては辛いことでしょう。

 

しばらくは我慢したとしてもいつか大きなストレスとなり何らかの形で表れてくるでしょう。

 

心を麻痺させたままでは、水瓶座らしく生きることができないのです。




PAGETOP
Copyright © 水瓶座事典 ~ Aquarius ~ All Rights Reserved.