星占い事典|水瓶座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

水瓶座の心の強さ

水瓶座の心の強さ

水瓶座は神経質でストレスに弱いと前述しましたが、これだけ聞くと、まるで水瓶座は心が脆いようにも聞こえます。

ですが、じつは水瓶座の心の強さは別のところにあるのです。

 

希望を忘れない

水瓶座を表す単語をひとつ挙げるならば「希望」を選びます。

 

たとえ完全な暗闇にとりのこされたような状況になっても、水瓶座はそこに希望の光をみいだすことができるのです。

 

もし見つけられなかったなら、自ら輝く光を生み出すことでしょう。

 

どんなに辛いことが起こっても、別の側面から眺めたら、かならず希望がそこに見出せることを知っているのです。

 

水瓶座は逆境に強く、通常時はストレスでウツ状態になっていたとしても、いざとなると思考をフル回転させて強さを発揮します。

 

ひとことでいうなら、あまのじゃく。だけどそれが水瓶座の魅力でもあるのです。




どこか楽観的

とくになにを努力するでもなく生まれ持った性質というのがありますが、水瓶座の場合は、それは楽観的だということかもしれません。

 

あれこれ悩んでも、どこかで「ま、いっか」とか「しょうがない・・・」という冷めた感覚がどこかにあって、それ以上に進まないようにするのです。

 

考えることは得意で大好きなのですが行動に移すのが苦手、と先に述べましたが、別の言い方をするなら、少し面倒くさがりや、かもしれません。

 

考えて考えて考えて・・・どっぷり暗くウツ状態になったとしても、それ以上になにかの行動を起こさなければならなくなると急にめんどくさくなるわけです。

 

行動力のなさが、意外なところで役立って(?)いたりします。




感情にのみこまれない

ここでいう感情とは、他人と自分の両方の可能性がありますが、いずれにしても水瓶座はそこから一線をおいて客観的にながめることができる人達です。

 

周囲の人の感情の乱れがわかったとしても、意識的にそれに巻き込まれないように理性で対応できたり、感情をコントロールできたりします。

 

この情報過多の世の中、人間関係は複雑になるばかり。

 

そのような中で、できるかぎり他者の影響をうけないように自分をもっていけるというのは貴重な能力だといえるでしょう。

 

自分の理論を守り通す

水瓶座は、人間関係や感情論になると弱いのですが、それが一転して、論理に関することになるとがぜん強気になります。

 

どんなに迫害されても、否定されても、自分で納得できるところまで落とし込んだ持論はぜったいに譲りません。

 

もしそこで人間関係が壊れそうになったとしても、多くの場合は、自分の考えを守り抜くことでしょう。

 

なぜなら、議論を交わして壊れるような表面的な関係ならいらないと思っているふしがあるからです。

 

歴史上では「地球は丸い」といって投獄されたガリレオ・ガリレイがいます。

 

「なんといわれても地球は丸いのだからしょうがなかろう」と孤独につぶやくガリレイ先生は典型的な水瓶座といえるでしょう。




PAGETOP
Copyright © 水瓶座事典 ~ Aquarius ~ All Rights Reserved.